ミールプラン(旧ミールカード)

ミールプラン3つのメリット

  1. 生活リズムが整う

    入学して1~2ヶ月も経つと、生活のリズムが乱れてきがちです。朝8:00から営業しているので、朝食を摂ってから授業に出席できます。

  2. 食費を気にせず、しっかり食べる

    食費を削る傾向がある大学生も、ミールプランがあれば財布の中身を気にせず、バランスのよい食事を摂ることができます。

  3. WEBで利用履歴を確認。保護者も安心

    WEBサイトで日々のご利用状況や、バランスの偏りなども確認いただけます。

飽食・豊食の現代、意識せずとも何かしら食べる事のできる時代です。
「食事をする事なんて当たり前だ」と思っている一方で、忙しさや経済的な理由で食事を抜く学生がいるのも現実です。
食習慣の乱れは栄養バランスの乱れにつながり、体調管理にも影響を及ぼします。
健康的な学生生活を送るためにも、ぜひ食堂をご利用ください。

生協食堂部 栄養士 川端 千景

それぞれのご利用タイプにあわせたコースを提案(2021年度)

ミール 1,000

147,600円(年間・税込)

最大利用額

236,000円 37%割引 → 147,600円(年間・税込)

食事
食事

2食は確実に食べていただけるコース(1日あたり約625円)

1日最大1,000円までご利用いただけるコース

クラブ・サークルで活動される方、ゼミ・研究室など大学で過ごす時間が多い方、規則正しい食生活を身につけたい方。
下宿で自炊にもチャレンジしたい方におすすめです。

ミール 600

98,800円(年間・税込)

最大利用額

141,600円 30%割引 → 98,800円(年間・税込)

食事
食事

自宅生、下宿生問わず、ご利用の多いコース(1日あたり約419円)

1日最大600円までご利用いただけるコース

使いやすさ抜群で、食費を確保しておきたい方におすすめです。

ミール 500

66,800円(年間・税込)

最大利用額

85,000円 20%割引 → 66,800円(年間・税込)

食事
食事

授業がある期間のお昼だけの利用を考えたコース(1日あたり約400円)

[夏休み春休み期間中(8/10〜9/30、2/11〜3/31)は除く]

1日最大500円までご利用いただけます。

夏休み期間中に留学やアルバイトなどで大学をあまり利用されない方、ミールプランを試してみたい方におすすめです

1日の限度額を超える場合は、電子マネーチャージがある場合は電子マネー、ない場合はレジにて現金でお支払いいただけます。

ミールカードの利用方法

食堂で精算時にミールカードをレジで出してください。

warning1日の利用限度額は、1,000円、600円、500円です。利用限度額を越えた場合は超過分が電子マネーから引き落としされます。電子マネーがない場合は、現金でお支払いください。

ミールカードの利用方法

2021年度ミールプランについて

コロナ禍を想定した繰越・返金保障があるので、安心してお申し込みください。

2020年度はコロナ禍の影響で遠隔授業などが中心となり、なかなか生協食堂を使う機会がありませんでした。
2021年度も、感染拡大の状況により、どのような状況になるか不確定です。
「ミールプランを購入しても使えないかもしれない…」と心配されると思います。


そこで、コロナ禍の影響(生協食堂の営業時間短縮や一部休業が1週間続いた場合)により、1年間の利用金額が購入額を超えない場合は、残額を次年度のミール購入代金に繰越、あるいは生協電子マネーへのチャージで返金します。

例えば「ミール1,000コース」をご購入、1年間(翌年3月末まで)の利用金額が120,000円だった場合…
(購入金額)147,600円−(利用金額)120,000円=(残額)27,600円

この残額を…
①次年度ミール購入代金に充当する。
②生協電子マネーにチャージして返金する。
お選び頂くことができます。

「使えないかもしれない…」という不安を取り除き、「大学に行ったときは安心して食事ができる」メリットを大学生協はご提供したいと考えています。